形成

大阪・高槻市の丸山眼科医院でおこなう形成外科治療

072-6966-2149

トップページ > 眼瞼内反症

眼瞼内反症

眼瞼内反症

上と下のまつげは、本来眼球から遠ざかるようにして生えていますが、何らかの原因で眼球に向かって生え、様々な問題を引き起こします。まつげが目の眼球にあたり、涙や痛みが生じる上、放置しておくと角化膜炎を起こす恐れがあるため、早めの処置が必要になります。 小児などの内反症は、まつげ自体が眼球方向に向かって生えています。一方、高齢者の場合は、まつげの生える方向は正しいのですが、まぶた自体が内反しているために症状が起こります。

治療方法

まつげを定期的に抜くことで症状は改善しますが、根治ではありません。上あるいは下まぶたが内反している状態を手術的に改善しなければ治りません。手術は、埋没法(糸をかけるいわゆるプチ整形)や切開法、Hotz法、LERs advancement、Wheeler変法などで改善します。

※治療は保険診療で行っております。詳しくはお問合せください。

症例写真

【症例1】:右下眼瞼内反症

下まぶたの特に外側のまつげが眼球に向かって生えています。

眼瞼内反症症例治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(4ヵ月半経過)

眼瞼内反症症例治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(4ヵ月半経過)

【症例2】:左下眼瞼内反症

下まぶたの特に外側のまつげが眼球に向かって生えています。

眼瞼内反症症例治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(4ヵ月経過)

眼瞼内反症症例治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(4ヵ月経過)

【症例3】:左下眼瞼内反症

眼瞼内反症治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(2ヵ月経過)

眼瞼内反症治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(2ヵ月経過)

【症例4】:左下眼瞼内反症

眼瞼内反症治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(7ヵ月経過)

【症例5】:左下眼瞼内反症

眼瞼内反症治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(3ヵ月経過)

【症例6】:左下眼瞼内反症

眼瞼内反症治療前

眼瞼内反症治療後

施術前

施術後(4ヵ月経過)