形成

大阪・高槻市の丸山眼科医院でおこなう形成外科治療

072-6966-2149

トップページ > ほくろ・イボ治療(炭酸ガスレーザー、切除術)

ほくろ・イボ治療

ほくろ・イボイメージ

丸山眼科医院併設の形成外科ではホクロ・イボの除去治療を行っています。 小さなホクロ、首などに無数にあるイボ、また、レックリングハウゼン氏病の腫瘍除去や、直径が7mm以上の大きなホクロ・イボ、良性・悪性腫瘍も治療が可能です。

治療方法

治療法は、医師とのカウンセリングにより決定します。
それぞれの状態に合った施術を行います。

※治療は保険診療で行っております。詳しくはお問合せください。

切開なし 切開あり
炭酸ガスレーザー 切除術

◆シミなど美容治療ご希望の方へ

カウンセリング(診察)が必要になります。
施術の有無にかかわらず下記料金がかかりますので、ご了承お願いします。

初回カウンセリング \3,240
2回目以降 \1,080

炭酸ガスレーザー

適応 ホクロ、盛り上がったしみ(脂漏性角化症)、イボやアクロコルドン(首などによく見られる小さなイボ)、凸凹になったニキビの跡などが良い適応です。またレックリングハウゼン氏病の皮膚腫瘍なども治療が可能です。
方法炭酸ガス(CO2)レーザーでホクロやイボとりを行っています。使用するレーザーはニーク社製の純日本製のレーザーです。短時間でホクロやイボを取り除くことができます。まわりの皮膚へのダメージがほとんどありませんので、施術後の回復が早いことが大きな特徴です。表面麻酔テープ、麻酔クリーム、局所麻酔などで行う場合もあります。
効果・経過 浅く、小さなホクロであれば1回でとれますが、ホクロが深い場合は数回に分けて治療することもあります。1回で深くとってしまうと、その部分がへこむことがあるからです。イボの場合は1回でとれます。またニキビの凹凸は施術後「色素沈着」を生じる場合があります。いずれの施術後も「日焼け止め」は必ずお使い下さい。施術後は1~2週間程度カサブタになります。カサブタがとれると新しくきれいな皮膚が再生しています。

特にアクロコルドン(首などによく見られる小さなイボ)は、除去することで首周りが若返ります。またネックレスなどをかける時に引っかかる心配もありません。お顔の盛り上がったしみは通常のレーザーでは消えません。炭酸ガス(CO2)レーザーで取り除くことをおすすめします。

症例写真

■症例写真:首のイボ①

施術前 施術後

施術前

施術後 :1ヵ月経過

首のホクロ、イボ、盛り上がったしみがきれいに取れています。

■症例写真:首のイボ②

施術前 施術後

施術前

施術後

首のイボがきれいに取れ、首スジがきれいに見えます。

■症例写真:顔のイボ

施術前 施術後

施術前

施術後 :11ヵ月経過

長年の日焼けにより増えたイボも、スッキリきれいに取れて若々しい印象になりました。

■症例写真:おでこのホクロ

施術前 施術後

施術前

施術後 :11ヵ月経過

おでこのホクロもレーザー照射後1ヵ月で目立たなくなりました。

切除術

適応 大きなホクロや色素性母斑、悪性腫瘍など。 また、レックリングハウゼン氏病などに見られる良性腫瘍。

※悪性腫瘍やレックリングハウゼン氏病の患者様はまずカウンセリングにお越し下さい。

症例写真

【症例1】: 上唇の上にできた大きなホクロ切除

ほくろ切除前 ほくろ切除後

施術前

施術後 :7ヵ月経過

1cmの巨大なホクロ切除の経過です。施術後7ヵ月でまだ少し傷はわかりますが、今後も更に綺麗になっていきます。変形もなく、機能的にも問題ありません。

【症例2】: 悪性腫瘍 広範囲切除後の再建

ほくろ切除前 ほくろ切除後

施術前

施術後 :8ヵ月経過

悪性腫瘍を取った後、その後生じた大きな欠損に対し、再建術を行った患者様の経過です。大きな欠損ができても、適切なデザインを施し、変形を起こさないよう再建することで綺麗になります。

【症例3】: 右下顎の色素性母斑切除

顎下のホクロ切除 顎下のホクロ切除後

施術前

施術後 :2ヵ月経過

右下顎(下アゴ)にできた1×2cmの色素性母斑を切除し、3層に細かく縫合しています。このようなある程度の大きさの色素性母斑でも、しっかりと縫合し、その後ケアーすることで、切除後の傷跡は更に目立たなくなります。